オリゴ糖の効果について試してみた感想

オリゴ糖を毎日食べている人が多いですがどんな効果があるのでしょう。

「特大袋が格安で送料無料!」ショップはこちら http://www.yasai-shizen-kobo.com/

オリゴ糖には砂糖にはない「乳酸菌を増やす」というパワーがあります

飲むだけのらくらく便秘解消法といえばオリゴ糖しかありません。妊娠中で体重増加と便秘が止まりません。便秘が引き起こす弊害にも注意することが必要です。何か自然のもので体に害のない嫌がらないものをと探していました。妊娠中の便秘は決して悪いことではありません。副作用の全くない粉末状オリゴ糖がいいですよ。

腹部が膨れているため洋服を着ることもつらくなっていたのです。粉末状オリゴ糖は、便秘解消用としても使われるし、糖分も砂糖に比べてかなり低くて副作用もありません。オリゴ糖だけでなく野菜も海藻もバランス良く食べてください。適度な運動(ウォーキングや、腸の動きを良くするために腹筋を鍛える)など、毎日空いた時間に少しでも体を動かす事も大切です。

オリゴ糖を牛乳やアイスコーヒーなどに混ぜて飲むとほんのり甘くなって飲みやすいですよ。その翌日にはオナラも出て下っ腹が引っ込んできました。毎日少しずつ続けて摂るようにするのが一番です。便秘の原因ですが、便秘の原因には食物繊維の不足もあるようです。オリゴ糖と砂糖って同じ糖類だけに同類と思っている人も多いかもしれません。というか「オリゴ糖って何」と思っている人の方が多いのかな。

市販されているオリゴ糖の多くは、甘さが添加されているものばかりです。コスト的に純度を高めるとスーパーに置くには値段が高くなりすぎてしまって難しいようです。主に液状タイプのオリゴ糖がスーパーに置いてある理由はそういった所にもあるのかもしれません。純度の高いオリゴ糖の代表格と言えば甜菜から作られるラフィノースです。

これには液状タイプもありますし、より純度の高い粉末タイプもあります。このラフィノースは食品用として以外にも移植臓器の保存性向上剤としても使われていたり、赤ちゃんのミルクの原料の1つとしてもつかわれていたりします。

ただ純度の高いオリゴ糖だけに、スーパーで売ってあるようなオリゴ糖よりも割高です。オリゴ糖は普段食べている穀類や野菜や発酵食品にも含まれていますが、含有量としてはごく微量です。血糖値が高めの方は砂糖を控えるように言われますが、オリゴ糖も同様なのでしょうか。オリゴ糖は砂糖と比べると血糖値上昇を抑制する働きがあるみたいです。

血糖値の高めの人が糖分の摂取を控えるのは当然のことですが、糖分を取らない食生活ってかなり難しいものがあります。そこで、砂糖よりもカロリー・甘味の低いオリゴ糖が注目されているんですね。オリゴ糖ってどうして甘いんのでしょうか。砂糖とは違うのでしょうが、砂糖がブレンドされているのかな。ヨーグルトに入れていた砂糖を外して食べてますが、 甘さがなくておいしくありません。

オリゴ糖は砂糖にはない力として「乳酸菌を増やす」働きがあるので腸内環境の面から見ても意味がないわけではないと思います。またオリゴ糖は砂糖よりもかなりカロリーが低いのでダイエット食材としても使えます。オリゴ糖は何故甘いのかというと、砂糖とは別の種類の甘味をもっているからです。砂糖はいってるかどうかという点は、すこしは入っているようですよ。

砂糖よりもオリゴ糖のほうが約半分程度のカロリーなのです。オリゴ糖ビフィズス菌のえさになってくれるので便秘予防に効果的です。お腹がすっきりすればそれだけお腹の腐敗物が外に出てしまうので、その分体重も減ります。市販のオリゴ糖は胃ではほとんど消化されずにビフィズス菌のえさになってくれます。吸収されにくく腸まで届くので便秘にもいいわけです。