オリゴ糖の効果について試してみた感想

オリゴ糖を毎日食べている人が多いですがどんな効果があるのでしょう。

「特大袋が格安で送料無料!」ショップはこちら http://www.yasai-shizen-kobo.com/

便秘改善を考えたらオリゴ糖だけでなくヨーグルトも使ったほうがいいかも

オリゴ糖は乳酸菌のエサになると聞いていますが、これは乳酸菌飲料を飲むときにオリゴ糖も一緒に食べれば、乳酸菌が腸内で増え続けていくということですか。食品で摂る乳酸菌というのはそんなに腸で長生きするものではないようです。数日で排便されるそうです。

いくらオリゴ糖を摂れば乳酸菌が増えると言っても腸内で増え続けるという意味ではありません。だから乳酸菌もオリゴ糖もできるだけ毎日摂るのがいいとされています。でもあなたの腸の中には母親からゆずり受けた常在菌として乳酸菌の一つであるビフィズス菌が棲み付いています。

オリゴ糖でこれらが元気になることはあるかもしれませんね。腸内の細菌がバランスの取れた状態だと悪玉菌も悪さもしません。腸内はバランスが大事で、善玉菌だけがあれば良いというものでもありません。天然のオリゴ糖は 北海道で広く栽培されているビート(砂糖大根=甜菜)と呼ばれるものから抽出されてできています。

このビートを原料としたオリゴ糖をラフィノースと呼びます。その他に有名なものとしては、ガラクオリゴ糖は乳糖から作られていて、乳果オリゴ糖は乳糖と砂糖を原料としています。オリゴ糖ビフィズス菌の育成に必要な糖です。他の微生物の栄養にならないのでビフィズス菌にとっても理想の糖です。

甘味料として砂糖の代わりにオリゴ糖を使えばカロリーを抑えることができます。低カロリーというのが女性にもうけている理由と言えるでしょう。オリゴとを活用した食生活環境に慣れれば便秘は自然と解消されます。昔から便秘だったこともあり、そのころから苦しみたくない一心で腸内環境を整える努力はせずに便秘薬に頼ってきました。

便秘を解消して美容健康維持を促進する知識は持っていて損はないですね。いまでは便秘がちな旦那さんにもコーヒーなどにオリゴ糖を入れて飲ませてます。便秘薬からさよならできたことは非常に体にとってもいいことだと考えています。オリゴ糖を摂らずに腸内環境が悪化させて腸が汚れてしまうと腸で十分栄養が吸収されません。

便の詰まりを解消するために、便秘薬や下剤を使うということもあるでしょう。オリゴ糖は独特の成果によってビフィズス菌の殆どをまんべんなく活性化させる作用があります。だから便秘対策に毎日飲んでいるという人が多いのです。飲み物に溶かしてのむと簡単に摂取できます。

大腸では善玉菌の一つビフィズス菌の餌となって善玉菌を増やし腸内環境を良好にしてくれます。オリゴ糖は飲み始めてその日や翌日からすぐに効いたという人は少ないようです。腸内環境を整えることでお通じを自然とできるようになるという流れなので、効果は数日で出てくる人が多いようです。

オリゴ糖を買って良かったです。便秘改善法についていい案がないかと模索中です。ビフィズス菌入りのヨーグルトとオリゴ糖を一緒に食べると便秘改善に良いと聞いたのですが、どのような形でどのような割合で混ぜて食べればいいですか。味に抵抗がある場合はジャムやフルーツを混ぜて食べてもいいでしょうか。

オリゴ糖シロップであれば、ちょっと甘さもあるので砂糖の代わりにかけて食べればいいと思います。ただシロップ状は純度が低いため、オリゴ糖本来の効果を十分に味わいたい場合は高純度オリゴ糖を選ぶべきです。ジャムやフルーツ自体に栄養があるので、を混ぜることでプレーンヨーグルトの酸味が抑えられていいと思います。

ただジャムはかなり砂糖が入っていて、それだけでも十分に甘いので、オリゴ糖に甘さは必要ないですね。純度の高いオリゴ糖を選んでいいと思います。あと単にフルーツということではなくバナナに注目するのもいいかもしれません。完熟前のバナナは便秘にはかなり効果的です。

便秘改善のために朝ごはんと一緒にオリゴ糖を使うのは大変いい案ですね。プレーンヨーグルトが苦手なら「のむヨーグルト」を飲むというのもいいかもしれません。ヨーグルト自体に便秘改善の効果がありますから、あれもこれもと考える必要はありません。